相模泰生:所信表明

運営通信

この度、推挙を賜り二代目泰永会代表をお引き受け致しました、相模泰生です。

 去る師走の十五日、我が恩師・野尻泰煌先生が天へと走り去るように召されました。

 思い返せば四年間、手相・四柱推命鑑定士でもある高天麗舟副代表に泰煌式姓名判断を学びたいと申し出て、東十条の道場扉を叩いたのも師走でした。

姓名判断を学びたいと申し出た僕に野尻先生は「僕は書家だから書をやりながら学びなさい」と言われ、高校時代に選択科目で書道を履修していたこともあり、そのまま弟子入りすることとなりました。今思えば「テクニックとして姓名判断を学ぶだけでは良い鑑定はできない」ということをあの時の野尻先生はおっしゃりたかったのでしょう。

 二年の歳月を経た師走、泰永会の国際交流展がハンガリーの博物館で開催されるので、同行するよう勧められました。海外旅行など興味も経験もさほどありませんでしたが、いつになく感じた強い勧めに私もその気になりました。翌春(2017年)成田空港を発つ泰永会一行。自分の作品達を海外に出していながら、実は師自身が国境を越えるのは生まれて初めてでした。博物館には老若男女の来賓、初めて観る書作品に瞳を輝かせるティーンエイジャーの姿も。訪問期間中寝食を共にしながら、書くこと、そして見ることの達人である先生は、この異国の街の風景、人々との交流、様々な出来事はどう写っているのか気にされているようでした。帰国から数日後、稽古場に呼び出されました。養子縁組を結んだ後将来跡を継ぎ、泰永会を運営する意志の有無を問う師を前に、戸惑いを隠せませんでした。

 2019年師走の八日。顧問の横澤悦孝氏が来年モスクワと隣接するヒムキ市にて、ロシア人水墨画家団体からの招待で交流展の共催が決定し、渡欧する三日前の打ち合わせに同席しました。この日、自分の隷書を黙視して開口一番「君は三段だね」と言われました。泰永会に級段位制はありませんが、高天麗舟副代表によると「私も三段で、野尻先生のおっしゃる二段は他の会では師範クラス。二段から人に教えられる立場」とのことでした。かつて松里鳳煌副代表から突然師範に指名され弟子を取るよう促されたとの話も聞きましたし、今後は自身の事だけではなく後進の育成にも尽力せよと促された気がします。

 師とは四年間という短い期間でしたが、何十年も共にしてきた関係のように感じます。それは、月に一度のお稽古、四度の国内展、二度の海外訪問、錬成会、勉強会など、ただその時を共にしているだけでなく、師はその度に一生懸命、私と向き合ってくれました。それは、自分だけでなく弟子の皆様全員に対しても同じです。師と出会い、書を通して、技術・経験・人としての成長する機会を頂きました。師には感謝してもしきれない程のご指導をして頂けたことを糧に、新たな泰永会を皆様と一緒に作り上げていきたい次第です。

 創設者の遺志を受け継ぎ、古典立脚でありながら、古典絶対主義とも異なる、時代と正面から向き合いながら、流行に流されない書作品を自国の誇れる文化として発信し、垣根を越えた文化交流へと発展させる所存でおります。32歳の若輩ではございますが、十代で弊会を独りで立ち上げた先代に比べれば、前述の松里・高天両副代表と海外顧問、またカンボジアでのNGO活動、国内NPO団体のトップで組織運営に精通された茶道家・高堂巓古事務局長の存在。他にも経験豊富な諸先輩に支えていただける状況と恵まれた環境、師の残してくれた人脈なる遺産に感謝しております。

 在りし日の師の背中を思い浮かべ悩んでも今の自身に真似できるものではございません。ですから新たに相模泰生のパーソナリティを出して“新生泰永会”として有志の皆様と進展を目指します。具体的な一例を挙げるならば、思い出のハンガリーでは、会期中、学校の課外授業に博物館会場が使用されており、またオーストリアでは師が男の子からの質問に対して言葉ではなく、筆を握らせる姿に感動致しました。本年のロシアに続き開催されるポーランド(2021年予定)では、一日体験のワークショップの場を設け、子供たちをはじめ市民の皆様と更に一歩深く心を通わせたいと考えております。

 米ソ冷戦が終結した平成は泰平の時代でしたが、外交政治において永遠の泰平が難しくなる現代社会。文化・芸術は双方国民感情の摩擦を軽減する潤滑油として重要な使命を担っています。

 師から頂戴した「泰」の名前に恥じぬよう、また泰永会が「泰らかに永く」となるよう、より一層精進致します。皆様には今後とも変らぬご支援ご指導ご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

代表 相模泰生

コメント

タイトルとURLをコピーしました